ILJ I LIVE WITH GOSPEL

 

ARTIST[関連アーティスト ]

Ryo シンガー

音楽との出会いは3歳の時、はじめて触ったクラシックピアノ。
その才能はすぐに開花し認められ、道内のピアノコンクールにおいて金賞など数々の素晴らしい結果を残し、10年間続けたピアノで音感と知識を身につけ、更に様々な音楽を聴いて歌って少年時代を音楽と共に過ごす。

元々歌う事が好きだったが、SOUL, R&Bといった音楽の黒人独特の伸びのある美しい歌声に憧れ、2002年からMICを握りシンガーとしてのキャリアをスタートさせる。
当時札幌でR&Bアーティストの前例がほぼ無い中、地元札幌を中心に道内のCLUB(旭川、苫小牧、室蘭、函館、etc)でライブを重ね、その歌唱力と圧倒的なパフォーマンスで人気を集め、数多くのステージ立ち今に至る。

2008年からはオッフィシャルバックDJ、トラックメーカーでもある『THE KIMURA FACE』を迎え[SOUND FOUN CREATIVE CREW]を結成し、ライブパフォーマンス、トラックメイクもスキルアップし、更に活動の幅を広げている。

2009年12月には札幌限定発売のウエディングコンピレーションアルバム『BE HAPPY / FINCH』に3曲参加する。その中の1曲『はじめてのチュウ』のカバーアレンジはライブでも人気が高く、ファンからの支持も熱い。

2010年5月にはセルフプロデュースによる待望のオリジナル楽曲『This is Ryo-EP』を、配信サイト 『viBirth』からをリリースする。同年6月には『iTunes store』からも配信開始し、札幌中心にその話題は広まり『viBirth MOBILE』のデイリーランキングで1位、2位、3位を独占するなど、その完成度とクオリティーの高さを実証する。

2011年10月にリリースしたデジタルシングル『All Night Cruising』でもデイリーチャート1位を獲得。コーラスには札幌を中心に活動しているシンガー『KaNa』と『佐藤広大』を迎え、息の合ったコーラスワークも聞き所の1つとなっている。

2012年3月、第一弾デジタルシングルでは客演に佐藤広大を迎え、切ない男心を歌った『I need a girl』をリリース。
トラックプロデュースはオフィシャルDJでもあるTHE KIMURAFACE、今作もランキング1位を獲得するなど、新たに設立したSOUDFOUN CREATIVE CREW(サウンドファウン クリエイティブクルー)として更なるクオリティーの高さを実証している。

北海道のR&Bシーンの最重要人物『Ryo』の止まらない勢いに更なる活躍が期待されている。

[ブログ]
http://ameblo.jp/i-ryo/  
 
[Twitter]
http://twitter.com/i_sing_ryo

[iTunesダウンロードページ]
:『I need a girl』
http://itunes.apple.com/jp/album/i-need-a-girl-single/id510567106

:『All Night Cruising』
http://itunes.apple.com/jp/album/all-night-cruising-single/id470481504

:『This is Ryo』
http://itunes.apple.com/jp/album/this-is-ryo-ep/id376962510

[viBirthダウンロードページ]
http://www.vibirth.com/artist_detail/ryo102

[viBirth MOBILE by GIGA ]
http://gmsc.vibirth-id.com/vbm.cgi

▶ 関連アーティスト一覧