ILJ I LIVE WITH GOSPEL

 

ARTIST[関連アーティスト ]

the piano trio “Latte”ピアノトリオ『ラテ』

2002年秋に結成。
2003年よりライブ活動を開始。
2003年、2004年には“くっちゃんジャズフェスティバル”にも出演。
同2004年春には、3rdアルバム「Rendez-Vous」(ランデヴー)発売記念全国ツアー (51カ所)を敢行。その高い音楽性が評価され、有名ミュージシャンや道内ゴスペルクワイヤーのコンサートなどでバックを務める傍ら、弦楽四重奏団とのコラボレーションライヴなど、精力的に道内・全国ツアーを行い各地で好評を博す。
現在までLive版アルバム2枚、スタジオレコーディング版アルバム8枚、弦楽四重奏団とのコラボレーションアルバム1枚、計11枚のアルバムを発表。
2011年、新作アルバム、”Style”(スタイル)を引っさげて、”Latteワールド”を全国に、そして全世界に発信すべく精力的に活動中!!
(2011年7月現在)

寺西  幸子 (てらにし さちこ)ピアノ

千歳市出身。
札幌を拠点に、ジャンルにとらわれないその卓越したテクニックとセンスで、セッションや道内外の有名ヴォーカリストのバックをつとめる等、数多くのライヴ活動を行っている。また自信が監修したピアノ教本「もっと上手にピアノが弾けるコツ55」(メイツ出版カルチャーランド著)が全国で好評発売中。

藤田  圭一郎 (ふじた けいいちろう)ベース

幼少よりヴァイオリンを始め、高校に入ってバンドに目覚める。高校卒業後にアメリカの大学へ音楽留学し、ジャズやラテンなどの学科を修め、帰国。
得意なJazzやFunkはもちろん、ポップスからヘビーメタルまでこなすマルチプレイヤー。
世界的Saxプレイヤー田野城寿男のトリオでは、コード楽器のいない特異な編成にもかかわらず、もはやエレキベースの常識を越えたサウンドで見事にバンドをまとめあげ、観客を魅了。
また、2009年リットーミュージック主催「最強プレイヤーズコンテスト」にてグランプリを受賞。名実共に日本一の称号を得る。現在もその音楽世界を広めるべく全国各地で活躍中。

[ホームページ]
http://kaythefunky.com/

共演歴/神保彰、藤山英一郎、菅沼孝三、矢堀孝一、ルイスバジェ、ZooCo、一十三十一、佐野聡、黒岩静枝、田野城寿男、ジョー山中、サンプラザ中野くん

佐藤  裕一 (さとう ゆういち)ドラムス

大学在学中に本格的にドラム演奏に取り組み、 Drumsを村石雅行氏(松任谷由美、葉加瀬太郎などのツアーメンバー)、Timbalesを美座良彦氏(熱帯ジャズ楽団)に師事。
卒業後、東京・札幌を中心に数々のレコーディング(CMなど)やライヴを行う。
現在、在籍しているユニットはラテン、コンテンポラリージャズ、フュージョン、ポップス、ゴスペルなど多岐に渡り、自己のグループやサポート参加しているユニットでのCD発表は30作品以上に及ぶ。
2006年に高橋ゲタ夫(b)<熱帯ジャズ楽団など>、斎藤崇也(pf)<オルケスタ・デ・ラ・ルスなど>と結成した「Hora Esperior」も好評!
一方でローランドミュージックスクール、RISE音楽院の講師も務める。そしてローランドV-Drums SAプレーヤーとしても活動している。

[ホームページ]
http://homepage2.nifty.com/bugworm/sugars/index2.html

共演歴/高橋ゲタ夫、美座良彦、佐野聡、都筑章浩、津垣博通、中島徹、ルイス・バジェ、サンプラザ中野くん、大黒摩季、池田達也、森村献、斎藤崇也、赤木りえ、宮野弘紀

▶ 関連アーティスト一覧